ブログ

エアコンのクリーニングは専門業者にお願いをしましょう。

エアコンをつけると、喉が痛くなったりしませんか?また、それは空気の乾燥が原因だと思っていませんか?確かに空気の乾燥も喉を痛める原因にもなりますが、実は機械内部のホコリやカビが原因になっている場合も多いのです。
エアコンは、部屋の空気を吸って、それを温めたり冷やしたりして吐き出します。
そのため、部屋の空気と一緒に吸われたホコリが溜まったり、また夏場は機械内部で冷やすために水分が発生し、それによってカビが発生するのです。
そのようにホコリとカビだらけの中でできた空気が温風や冷風になって部屋に排出されていると、特に小さなお子様のいるご家庭は心配になりますよね。
エアコンのクリーニングの方法は、説明書に書いてあり、市販で専用洗浄剤も売っています。
しかし、電化製品なので、掃除の仕方を少し間違うだけで故障の原因にもなりますし、自分でのクリーニングでは全てのホコリやカビなどの汚れを取り除くことは難しいです。
本当に掃除をしなければいけないのは、目に見えない内部の送風ファンや吹き出し口の汚れなのです。
しかし、専門知識がなくむやみに機械を解体して細かい部分を掃除するのは故障の原因になりかねません。
そのため、専門業者に頼むことをお勧めします。
価格は、エラコンのタイプや作業内容によっても変わりますが、だいたい1万円~5万円が一般的な相場です。
高く感じるかもしれませんが、きちんと手入れをすることで機械を長持ちさせ、アレルギーなどの健康被害を防ぎ、また、電気効率も上がるため電気代の節約にも繫がります。
つまり、長い目で見れば実は決して高いお値段ではないのです。
最近ではお掃除機能付きの製品も出ており、自動で内部のカビやホコリを取り除いてくれるというものもありますが、使い方によっては汚れてしまうので、一度業者に見てもらうといいでしょう。
専門業者はインターネットで検索するとたくさん出てきます。
価格もサービス内容もそれぞれ違うので、無料見積もりができるものは一度見積もりをしてもらうといいでしょう。
安さだけではなく、アフターサービスやオプション内容の充実など、サービス内容も見てお願いするようにしましょう。

LINEで送る
[`buzzurl` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

*

* * * * * *



ページ上部へ戻る