ブログ

エアコン内部は汚れるので定期的にクリーニングしましょう。

夏にも冬にも私たちの快適な暮らしに不可欠なのがエアコンです。
今は様々なメーカーの製品があり、フィルターの汚れを自動で掃除したり、人の居場所を感知して運転をコントロールするなど優れた機能を持つものも登場しています。
消費者にとっては便利な機能があって、非常に嬉しいことだといえましょう。
しかしお目当てのエアコンを購入して使い始めた頃は綺麗でも、夏や冬には頻繁に使うわけで、年月の経過と共に内部が汚れてくるものです。
外見は確かに綺麗に見えるのですが、中は意外と汚れてくるものなので、機能を維持し健康のためにもクリーニングを定期的に行うのが良いでしょう。
カビや埃で汚れた内部から出る空気はアレルギーを引き起こすことにもなりかねませんし、カビや埃で汚れた空気が部屋に出ていると思うと臭いもあり気持ち悪いです。
それに汚れたままだと効率が悪くなり、電気代も多めにかかってしまいますので、プロによる徹底したクリーニングを施してもらうのがベストであるといえるでしょう。
手順としては、一般に家庭で設置されている壁掛け型の場合、電源を切りコンセントを抜いてから部屋を汚さないように養生をし、フィルターやパネルを外していきます。
もちろんエアコンの電気的な部分にも液や汚れがかかって故障しないようにしていますのでご安心ください。
フィルターやパネルを外したら、熱交換器など内部を高圧洗浄し、外されたフィルターやパネルもしっかりクリーニングしていきます。
この時バケツには高圧洗浄により流れてきた水が濁っているのが分かることでしょう。
黒い水です。
使用年数にもよると思いますが、バケツの水を見ても分かるように、かなり汚れるので、クリーニングは有効だといえます。
汚れを落とした後は元通りに取り付け、動作するか確認して完了です。
クリーニングしてもらったことにより、臭いが消え、もっと早くお願いしておけば良かったと思うかもしれません。
綺麗になると気分も爽やかになり、健康にも良いので、定期的にお願いするのが良いといえます。

LINEで送る
[`buzzurl` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

*

* * * * * *



ページ上部へ戻る