ブログ

エアコン工事の注意点

新しいエアコンを購入するときや、引っ越しの際にはエアコン工事を依頼することでしょう。
他の家電製品の場合は、自分で取り付けることもできますがエアコンは難しいのが現状です。
そんなエアコン工事をする際に何点か注意しておいてもらいたい点があります。
まず、打ち合わせは念入りにお願いします。
業者側からすれば、エアコン取り付けの際に初めて行くお宅がほとんどです。
どんな場所に取り付けたいのか、室外機の設置場所など事前に教えてもらえるとありがたいです。
あと、新築の場合は穴が開いてない場合があると思います。
その場合は別に穴をあける必要がありますので、穴のあるなしも伝えておいた方がいいでしょう。
穴が開いていない場合は、別途料金が取られてしまいます。
コンクリートの場合などは高額になることがありますので事前にチェックしておいた方がいいですよ。
それと、基本的なことですが、エアコンの大きさと設置場所に無理がないかも確認しておいてください。
いざ取り付けようと思ったら、エアコンが大きすぎて無理だったとなると大変です。
カーテンレールが邪魔する可能性もありますので、大きさはゆとりを持って事前に図っておいてください。
ギリギリの大きさはお勧めしません。
なぜかと言うと、空気を取り入れる際の隙間がある程度ないとエアコンが力を発揮しにくくなるからです。
さらに重要なのが室外機を置く場所があるかです。
近隣住民に迷惑がかからない位置に置けるのかどうかも重要です。
そして、いざ取り付けるとなった場合、エアコン工事業者は選んだ方がいいですよ。
数をこなすために手を抜いている業者もいます。
代表的なのが真空引きをしないというものです。
真空引きとは配管の中の空気を抜き取り真空にする作業のことです。
これを怠ると、早くに壊れてしまう可能性もあるので注意が必要です。
中には別料金にしているところもありますので、安い場合は確認しておいた方がいいでしょう。
以上のことを最低限頭に入れておいた方が、不要なトラブルを回避できますよ。

LINEで送る
[`buzzurl` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

*

* * * * * *



ページ上部へ戻る