ブログ

土地をめぐるトラブルの解決法を教えて!

家を建てるため土地を取得したのですが、すぐに建築工事は行わずしばらく空地になっていました。久しぶりに様子を見に行ったところ、隣家の住人が大型のトラックや資材などを勝手に置いている状態でした。


土地をめぐるトラブル


脱サラしてリフォーム会社を立ち上げたとかで、その業務に使うものらしいです。
大切な土地ですから「勝手に置かれては困る」と告げたところ、「空いているんだからケチなこと言うな」などと逆ギレされてしまいました。
話し合いでは解決がつかなそうな相手なのですが、どうしたら解決できるでしょうか?まず、承諾も得ず勝手に使う行為は不法占拠に当たり、そこを立ち退くよう求めることができます。
この点、相手が他人の土地だと分かっていても、所有者に気付かれないまま20年間占有し続けると所有権を時効取得するという規定が民法にあります。
もっとも、今回はそこまでの長期間ではありませんし、相手に困ると告げて時効も中断していますから大丈夫です。
まずは、いつまでにという期限を決めて立ち退きを要求するとともに、無断で土地を利用したことに対し、借地料相当の金銭の支払いを求めましょう。
これは損害賠償という性格ではなく、不当利得といって、本来支払うべき借地料を支払わずに済んだという利得を返還せよというものです。
近隣の駐車場の利用料や借地の利用料を参考にしましょう。
利用料の請求をするなど強く出ても相手が応じない場合は、民事調停や民事裁判によって、裁判所に立ち退き命令を出してもらい、強制的に立ち退かせる方法が考えられます。
気を付けたいのは、公の方法によらず、あなたが勝手に相手の車や資材を撤去することはできないことです。
不法占拠とはいえ、誰のものか分かっている財産を勝手に処分することは認められないためです。
ともかく、いずれはお隣どうしになる関係ですので、できる限り穏便に解決したいところですね。
場合によっては、その土地が業務上必要なら買い取ってもらい、別の土地を探すというのも1つの手です。

LINEで送る
[`buzzurl` not found]
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

*

* * * * * *



ページ上部へ戻る